練習と実際の矛盾

このかたはNHKのアナウンサーコンテストで良い成績を収めた人。

練習は口をしっかり動かしてやるわけだけど、それが実は現実に大切なことと矛盾しているのです。

良い声は口をはきはきとさせないほうが出やすいのです。

その証拠に近いもの。この動画の最後の5秒で、同じかたが、全く口の形を開いたままで発声しています。

口の方は、発声に無関係、、なのに、練習にはとりいれられている。

つまり、練習と実際が矛盾しているので、練習すれば練習するほどだめになるわけです。

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.