Related Articles

日本を心で+アーティストさんたちの貢献+なぜ英語喉で聞き取り100%になるのか

まだまだ緊張の続く日本ですが、東京の水は、今日は、子供でも飲んでも問題ないレベルに落ち着いたと聞きました。被災地のかたがたのことも祈りつつ、書きたいと思います。菅原里奈先生がブログで、声を出すことを薦めていきたいと書いておられました。私も、今回、仕事で色々と読みましたが、心のケアというのが大切になってきます。災害心理学の人達が、地道に研究を重ねてきていて、そしてそれを、多くの人が読める形で、情報提供しています。 同じようにアーティストの方々は独特の貢献ができると思います。 LOUDNESSのニイハラさんがBLOGで、米国ツアーをすると発表されていて、実は、DCの私のうちの近くでもライブをされるので、チケットを買いました。ニイハラさんが「この時期に」と批判している人がいましたが、私は、アーティストのかたには、独特の貢献ができると思っています。それは心のケアの支援ではないでしょうか。特に、アメリカに来てニイハラさん、およびラウドネスのメンバーのかたがたは、アメリカ人に対しても応援を訴えられるのではないかと思います。 特に、ニイハラさんは、喉発音で英語を話し、歌われるかたです。アメリカ人に対しても、心がびんびん伝わることでしょう。 私自身も、できることをやっていきたいと思います。 さて、MASAさんが英語が100%聞けるようになったという報告をMIXI日記でされておりました。なぜそこまでいたったのかというMASAさんの考察も読めるのでぜひチェックしてください。 http://mixi.jp/show_friend.pl?id=7661548 それから音声も再UPされています。 MASAさん、英語喉実践34日め http://voon.jp/a/cast/?id=s1xt8ruzodz1tnng#seal 音声によるアドバイス (かなり国産ネイティブに近いが、喉ブレーキがまだかかっている部分を指摘、、、そして日本語やフランス語でも喉の底の肉をぶるぶる響かせながら音色に変えていく練習を薦めました。) www.estat.us/blog/masa_03_24_2011.mp3 ここまできたらあせらず、歌を歌ったり、ネイティブとマジわったりするなかで、リラックスしてうるさい場所などで話していると、そのうち喉ブレーキを使うこと自体が面倒になってきて、ぽとんと完全に発音位置が落ちるでしょう。 MICHYさんも同じです。日常生活に英語を使うというのをとりいれながら、また歌もとりいれて、やっていくといいですよ。 さて、英語が100%聞けるということに関してですが、私はラジオなどを聞いていて思うことがあります。多くのかたが、語彙を強化することで、英語の聞き取りを向上させたいと思われると思いますが、実際、3分の2ぐらいの英語って、外来語的に日本語になっているように思えてなりません。 今朝もラジオの番組を聴いていましたが、ほとんどの英語が中学で学ぶ単語レベルか、あるいは、すでに日本語になっていると思います。それらの単語を除くと確かに、覚えていないと分からない単語はあるでしょうが、音としては聞こえるので、なんとなくコンテクストから意味がわかるし、またアメリカのラジオ放送で使われる文というのは、一つや二つの単語の意味が分からなくても分かるような文が使われているように思います。 だから、音が聞けるようになると、MASAさんが経験されたようなものすごい革命的なショックを感じることができるのではないでしょうか??? 例えば、VOICE OF AMERICAの以下のニュースを参考にします。 http://www.voanews.com/english/news/asia/east-pacific/Repair-Work-Resumes-at-Crippled-Japanese-Nuclear-Plant-118563704.html 1文目だけ見てみよう。  Two workers at…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.