足跡、コメント帳

自己紹介や、連絡、特定の記事に残しにくいコメント、感想、近況報告など、こちらに書き残していただこうと思い、これをENTRYしておきます。右下のコメントを押すと使えます。BLOG右側のメニューにこの記事へのリンクを張っておきます。特定の記事に関しては、それぞれの記事のところが良いと思います。

ぜひ、一言お願いします!

 

ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。
人気ブログ投票にぽちっとお願いします。

About 上川一秋

Nippondream.com Eigonodo.com
This entry was posted in . Bookmark the permalink.

90 Responses to 足跡、コメント帳

  1. 上川一秋 says:

    あしゅらさん

    ご挨拶ありがとうございます。すでにリンクに加えさせていただきました(笑)。ぶろぐのほうには、海外在住とあるように思えましたが、アメリカですか?

    息を吸いながら喋れるようになるまで、進まなかったというのは、一つの方法だと思います。ぜひ手助けさせてください。

  2. 上川一秋 says:

    http://ashrafieh.seesaa.net/

    阿修羅さん、弁当BOXみましたけど、かるがる国産ネイティブの域ではないですか!微妙なところをチェックしておきます。

  3. あしゅら says:

    上川先生

    ありがとうございます。著者の方から指導いただけるとは、なんか夢のような展開です。

    英語圏はイギリス在住経験があります。今は中東です。アラビア語には喉の音があるので(まさにゲップ音と呼ばれるgainとか)、その点でも喉には惹かれたのかもしれません。

    指導を参考にしながら、メソッドの修了を目指します。ありがとうございます。

  4. 長崎の雨 says:

    アシュラさんの8月15日の最新の弁当BOXは素晴らしい出来
    ですね!前回から良かったんだけど、カズさんのアドヴァイスも
    あって更に素晴らしくなってます。
    私がカズさんのブログを読み始めて以来、男性では1,2の出来
    じゃないでしょうか。あんまり良くできてるんで何度も聞いちゃいました。私も大いに参考にさせて貰いたいと思う録音です。
    かなりおできになるんでしょうから目標も高いんでしょうが、喉発音自体はもうできあがってるんじゃないでしょうか?あとほんの枝葉の事だけという気がしますね。
    できればこれまでの英語体験やら、勉強方法など伺いたいです。ご本人のブログにコメントしたかったんですけど、私ホームページないんで弾かれちゃいました。アシュラさん宜しくお願いします!

  5. あしゅら says:

    上川先生、

    ご指導ありがとうございます。現在子音のレッスン20です。やはり、子音は難しいですね。

    長崎の雨さん、

    私のブログのコメント欄修正しました。URLなしでコメント頂けます。私は、長崎の雨さんの録音に大いに感動したので、コメントはありがたいです。

  6. 上川一秋 says:

    Hi Ashura-san, you can put other materials too on a sound file, if you like, like Umeko-san does.

  7. oshin says:

    はじめまして。
    23歳学生のoshinと申します。
    本日から英語喉に取り組み始めました。これまで英語を話すという機会はまったくなかったのですが、来年留学しようと考えており、発音をきれいにしたいと思っています。
    リーディングの勉強ばかりで、リスニングやスピーキングの勉強は後でいいと考えていましたが、いい本に巡り合え楽しく勉強できそうです。
    ネイティブに近づけるよう頑張ります!

  8. 上川一秋 says:

    Welcome, Oshin-san, I look foward to witnessing your progress and improvement in English!

  9. oshin says:

    リンクありがとうございます!
    せっかくみなさんに見てもらえるなら、と思いまして、英語喉の専用ページ↓をつくりました。

    http://shin-eigonodo.seesaa.net/

    一つ一つアップしていこうと思います。よろしくお願いします。

  10. KENJI.N says:

    Kazさん、大変ご無沙汰しております。

    ブログの方を中断しており、大変ご無礼いたしました。

    また、ブログの方を再開いたしますので、よろしくお願いいたします。

    http://eigonodo.seesaa.net/?1264509569

  11. 上川一秋 says:

    KENJIさん、おひさしぶりです。

    さっそく聞いてみました。音声アドバイスはまた後でしますが、とりあえずの印象でいうと、声帯の下の部屋が基本位置になりきっていません。ただし、アクビエリアは到達しているので、コミュニケーションに問題はありません。しかし、声帯の下の部屋を、基本位置にできるといいなあと思いました。

    また後で。

  12. 上川一秋 says:

    KENJIさん、音声でコメントしました。

    http://www.estat.us/blog/kenjisan_09_28_2010.mp3

  13. KENJI.N says:

    音声コメントありがとうございます。
    ゲップエリアを定位置にできるよう頑張ります。

    ところで、シラブルでお尋ねしたいことがあります。

    Q「シラブルのリズムを聴き取るにはどうしたらよいですか?」
    A「それはBon Bon のリズムを聴き取ることです。」

    もちろんそうだと思うですが、『シラブルのリズムを聴き取れない』人は、『Bon Bon のリズムも聴き取れない』人だと思うのです。だから、AはQの回答になっていない気がするのです。
    きっと、こう感じている方はたくさんいらっしゃると思います。

    今、私が試しているのは
    手拍子をしながら発音すること
    BonのBだけに注意を注ぐ
    の2つです。

    5シラブルぐらいの短い文ならだいたい分かるようになってきましたが、長めの文だとBon Bon のリズムについていけなくなります。

    私は、BonのBだけにとりあえず注意を注いていますが、ある方のブログには、Bonのo(母音)だけに注意を注ぐとよいとあり、迷っています。

    『Bon Bon のリズムも聴き取れない』人に、何かアドバイスがありましたら、ご教示よろしくお願いいたします。

  14. 上川一秋 says:

    >私は、BonのBだけにとりあえず注意を注いていますが、ある方のブログには、Bonのo(母音)だけに注意を注ぐとよいとあり、迷っています。

    Kenji-san, I feel like this advice (focus on the vowels) sounds like a good idea. I heard an American singer talking about the importance of “singing vowels.” Maybe you can practice by singing just vowels (you can practice this both in Japanese and English).

    Kaz

  15. KENJI.N says:

    日本語の会話でも母音だけに注意を払うのは結構難しいです。
    おはようございます⇒おあおうおあいあう とすぐには出てこないです 涙

    http://www.youtube.com/watch?v=x71sVcTd7KA

    というのを見つけました。母音だけで歌っています。

  16. 上川一秋 says:

    ルート音だけで喋ってみるとどうでしょう。英語喉でおはようございますをルート音だけで言う練習があったような、、、。

    YOUTUBEのほうこれから見ます。

  17. 上川一秋 says:

    見ました。これ効果があるのかなあ、、、、よく分かりません。

    英語の歌を歌ってみるというのはどうでしょう。1音符=1シラブルですから、慣れるかも。

  18. KENJI.N says:

    >英語の歌を歌ってみるというのはどうでしょう。1音符=1シラブルですから、慣れるかも。

    はい、早速曲を1つ決めて歌い始めてみます。
    ありがとうございます。

  19. Cherryberry says:

    上川さん、始めまして。 最近上川さんのことを偶然Youtubeで知りました。上川さんには塾の先生のような雰囲気があり、中学時代に通った塾の楽しいひと時を思い出しました。
    英語喉と機関銃英語の両方を購入させていただきました。それまでは暇を見つけてThe Jinglesという発音矯正の本とDVDで練習をしていました。のどの奥から出る深みのある音であることは知っていましたが、上川さんの本を通して音は喉の上部と下部から出ているということを知り、さらに下からも出ていたのか、ということが分かり、今後の発音の練習に大きな助けになりました。音の出る場所や出かたなどがよく分析されていてとても”使える”教材だと思います。また、日本人男性の声を魅力的にくださるのも素敵です。 
    10月の中旬から下旬頃にDCへ行く予定があります。是非上川さんのセミナーに参加したいと思っていますが、その時期にセミナーを開かれるご予定はありますか? 

  20. 上川一秋 says:

    CHERRYBERRYさん、どうも!とりいそぎですが、このあとご案内します。

    また、書きます!

  21. eco says:

    上川さん。
    はじめましてecoと申します。

    つい2日前に「英語喉」を知ったばかりですが、
    上川さんの書いていること、皆さんのコメント、
    1つ1つが腑に落ちることばかりです。

    「頭を糸でつられているイメージ」で正しい姿勢になる
    ように、英語喉は実にシンプルで分かりやすいです。

    取り急ぎですが、がんばる宣言をしてみます。
    以後よろしくお願いいたします。

  22. 上川一秋 says:

    ECOさん、こちらこそよろしく。

    >「頭を糸でつられているイメージ」で正しい姿勢になるように

    そのイメージ、いいですね。踊りなども、手や足の動きというのもあるかもしれないけど、体の重心の動かし方が大切らしいです。実は、タンゴとかに挑戦したときに、ジーナが、うちの犬が歩いているようにやってみてとアドバイスしてくれたんですが、確かに、犬が、とくに、寝起きで眠たそうに、ストレッチしながら足の筋を伸ばしながら歩く出す姿がタンゴの歩き方そっくりでびっくりしました。

    犬でもできるタンゴ、、、みたいな。でも、難しく考えがちな大人には難しかったりする、、、と。

    言語にしろ、踊りにしろ、非常に原始的なルールがあり、それを押さえる必要があるのでしょう。

  23. サトシ says:

    はじめまして。本日初めて「英語喉」の書籍を知りました。評判を聞き、是非購入してみたいと思っているのですが、我が家には積ん読となってしまった英語耳という本があります。この本と英語喉は全くコンセプトが違うと思うのですが、英語耳と英語喉、どちらを使用して発音の勉強をするのが良いと思われますか。また、英語喉は発音記号のフォローをしておりますでしょうか。m(_ _)m

  24. 上川一秋 says:

    サトシさん

    英語耳は、口に力を入れる原因になるのでお勧めできません。ただし、書いてあることは誰でもできます。例えば、すいかの種をぷっとふくみたいにPをいうという、従来ながらのことが書いてありますが、これは誰でもできるでしょう。でもできるから、その音が正しい音ということではありません。

    さて、英語喉ですが、とりあえず音声で説明してみました。もしお暇でしたら聞いてみてください。

    http://www.estat.us/blog/satoshi.mp3

     

  25. Katsu says:

    上川先先生へ

    私にとって今年の一番の収穫は「英語喉」に出会えたことだと思います。「これまでの日本の英語教育は何か、根本的にちがうのではないか」とずっと思い続けながら、それでも単語量を増やしたり、アメリカ人より3倍以上の時間を費やして、研究課題をこなしたりと、ここ5年間は24時間の大部分を、この「なにか足りない」という部分を補おうことに費やしてきた気がします。

    それは、なんとなく砂地に水を汲み続けて植物を育てているようで、「このまま200年この状態を続けても何も根本的に変わらないのでは」という限界を感じていた4月頃、偶然「英語喉」に出会うことができました。今は、しっかりとした土に水をまき、硬くなった土(喉)を耕している最中という感じです。

    「英語喉」というコンセプトもすごいですが、こうしてインターネットを通じて他の実践者の方の音声を聞いたり、新しい発想や課題点をともに共有しながら、成長しあえることが他の「発音学習方法」と大きく異なり、それ自体すでに”革命”だと思っています。

    その”場”を提供してくれる上川先生に
    心からの感謝を!

    伊波克典

  26. まちこ says:

    ご無沙汰しております。
    英語喉との出会いから2年ぐらいになりますが、近況のご報告を。

    最近、アメリカ人ママたちのプレイグループに参加して、一緒に子育てをしています。ネイティブ同士が話していて、その話題が面白そうだから私も参加したい、というとき、やっぱり急に話し始めてもダメで、教わった通りに吸う息と英語喉を意識すると、全然違います。

    今は、アメリカ人のママたちと井戸端会議的に輪になって話せるようになりました。

    英語喉を知らなかったら、ずっと空回りして孤独だったかも知れません。

    ありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  27. 上川一秋 says:

    まちこさん、お久しぶりです。よいニュースでうれしいです。

    やはり人間関係に効果があるというのを聞くのはうれしいです。自分もそれを経験しているので。

    空回りで孤独、、、本当にそのとおりです。最近、高校につとめていたときの同僚が、教え子が留学するということで、DCに少しいるのでと連絡があり、メールでそのかたと連絡をとりあったのですが、電話をしてくださいねと言っても、電話がなかったのです。あ~、その人は、これから1年、留学生活を、孤独ですごすのか、、、と思うと、もっと積極的にコンタクトしたほうがよいのかどうか、、、と思いましたが、これだけは縁なのであきらめました。

    >教わった通りに吸う息と英語喉を意識すると、全然違います。

    話す直前に喉がしまってしまうのが、日本人だと思います。昨日ですが、人があっちからきて、何かを話す瞬間に、自分の喉が一瞬、緊張するのを察知し、コンマ1秒みたいな感じで、それを直しまして、笑いで対応しました。面白いことを相手が言った瞬間だったんです。

    言葉を出そうとして、喉を緊張させるのでなく、その現場に応じて、体を対応させる(このコンテクストで笑うということです)のが、瞬間的に起こっていれば、リラックスできているということなのかも。

    娘さんがアメリカでアメリカ人として育つので、英語喉で、アメリカ人の文化などが分かるようになるのは貴重でしょうね。

    アメリカ人は、リラックスしているのだ、、、というのを知らないと、生意気に見えたりしますから、、、。

    去年、日本人の女性と、アメリカ人のご主人を一緒に教えさせてもらったんですが、そのとき、まえにマチコさんが、英語喉の後のクリスマスで、ご主人の家族といい感じで対話できた、、、ということを思い出しました。

    やはり英語喉でいい感じになるのはいいですね。

    それではまた!!!!

  28. paristexas says:

    はじめまして&はじめました
    昨年12月、amazonで英語喉を知り、両極端な書評を見て、かなり悩みましたが購入しました(特に、感覚的な説明でぜんぜんわからん、というような趣旨のネガティブな書評があったので、ハズれたらどうしようかと心配だったのです)。その後、機関銃英語のほうも購入しました。

    まだ入り口のところにいるので、自分の音声がこんなに変化しました
    といえるような段階以前の状態なのですが、
    即効性があり、これは本物!
    と感じたのは、やはり3ビートです。

    英語喉の33課と44課の「やってみよう」の音声をまねしているのですが、これで英語のホームドラマ(20分程度)の聞き取りが向上しています。

    音が大切とはわかっていて、過去にその手の口系の本をやってもダメだったという絶望を感じている人にはこれだけでも即効性のある福音だと感じます。

    今は音を出す方の練習に取り組んでいます。
    もともと不器用なうえ、リズムや音は不得意なため、「息を吸いながらおはようございます」を言うという第一歩すら、どうやってよいかわからず(最初はyoutubeの存在も知らなかったため)、行き詰まってしまいましたが、パートナーに、「こうじゃない」とあっさり実例を示され、軽いショックを感じつつも、滑り出しました。

    今は個々の音を出す練習をしています。
    ここで一つ、今ひとつ実感がわかないことがあり、お尋ねしたいのですが、

    ゲップエリアが定位置

    とあるのですが、それがどんな状態、意識なのかというところが今ひとつピンと来ないのです。

    多くの音、特に子音はアクビエリアで始まるものが多いため、単語の発音もアクビエリアからゲップエリアに落ちるパタンが多く、練習しているとアクビエリアが定位置のようにイメージしてしまうのです。

    ゲップエリアを定位置とイメージすると、例えば最初の音がTのようにアクビエリアの音の場合、わざわざゲップエリアからアクビエリアにあがって(=喉の意識を移して)最初の音Tを発音し、その後にゲップエリアの音がある場合、ゲップエリアにまたくだるというようなイメージをもってしまうため(喉で体得しておらず、意識的に練習している今の段階では)、やや混乱してしまいます。

    あまりに音に不器用な者なので、とてつもなく、トンチンカンなことをうかがっているのかも知れませんが、ヒントとなるようなことがありましたら、お教えいただけるとありがたいです。

    いずれにせよ、口から喉と3ビートというのは、コペルニクス的転回です。
    今後とも宜しくお願いします。

  29. 上川一秋 says:

    PARISTEXASさん、どうもはじめまして。3ビートは確かに速攻性があります。とりあえず聞けるようになってから、喉発音の練習というのもOKだと思います。実際、機関銃英語はその順番ですね。

    息をすいながら発声というのは、え?できるの普通じゃないの?と言う人もいます。ちなみに、英語喉出版前に、「息を吸いながら喋る」でぐぐったら、「クラスに一人はいる、ヘンな奴、、、息をすいながら喋る奴」という記述があって、笑えました。

    今、ちょうどアパートの同じフロアで耳の聞こえないアメリカ人の中学生が英語喉をやっているのだけど、音の区別が言えるようになってきているのですが、息をすいながら喋るのが苦手みたいです。お母さんは、いとも簡単にできていましたが。

    ゲップエリアが定位置というのは、確かに分かりにくいと思います。もし、混乱するようなら、音が全部ゲップエリアだと想定してやってもかまいません。アクビエリアの音はゲップエリアでも出せるからです。それから、アクビエリアの音は、ゲップエリアで出そうとしていても、アクビエリアで出すのが楽なので、自然とアクビエリアに落ち着くかもしれないからです(これは、ジーナには確認していない私の持論です)。

    また、近いうちに、ゲップエリアが定位置ということについて発表します。

  30. paristexas says:

    上川先生
     さっそくのアドバイス、ありがとうございます。

    >音が全部ゲップエリアだと想定してやってもかまいません。
    >それから、アクビエリアの音は、ゲップエリアで出そうとしていても、アクビエリアで出すのが楽なので、自然とアクビエリアに落ち着くかもしれないからです

     なるほど!これからさっそく風呂で試してみます。
     昨日から風呂で「息をすいながらおはようございます」をやっていますが、音が響くのでなかなか楽しいです。
     まずはゲップエリアで深い声を出すことを主眼にじっくりとやってみます。
     英語に必要な一番大事なことは全て風呂で学んだってなことになるかもしれません。
     
     そういえば、今日、帰りに駅の近くを歩いていたら(イヤホンをつけていたのですが)響く声が聞こえるので振り向いたらば、アメリカ人さんの二人組でした。このあたりが日本人と根本的に違うとは感じていましたが、これが喉発音ということなのでしょうね。

    >また、近いうちに、ゲップエリアが定位置ということについて発表します。
     読者のひとりとして楽しみにしております。

  31. 上川先生

    天満先生のブログでヒントを得て、Bento Boxを読んでみました。
    お時間のある時に聞いて頂けるとうれしいです。
    私の場合、ゲップエリアの開発に困難を極めるタイプ、ということでしたが、突破口が開けた様な気がしています。
    よろしくお願い致します:

    http://eigonative.seesaa.net/article/184970496.html

  32. Masa says:

    はじめまして

    そして上川一秋先生&ジーナ・ジョージ先生、心から有難うございます。ネイティブメソッドに出会えてこれからの人生が大きく、より望ましい方向に軌道修正できそうです。いや、すでにそうなってきております。

    私は紳士服の製造小売り業の小さい会社の役員であり、ショップのマネジメントをしております。
    自分の商売を現状のように日本人だけを対象にするのではなく、日本在住の海外のビジネスマンをも相手にしていきたい、さらには海外市場にも挑みたいという願望に突き動かされ、そのために真剣に英語学習に取り組む51歳です。

    実は英語喉を実践し始めたのは僅か二日前からです。
    Amazonで両先生の「英語喉」「機関銃英語・・・」の2冊の本を知り、レビューの賛否両論に購入を迷ったものの良い評価の方たちは実践をされた上での賛意を述べておられたので、評論家タイプより実践者タイプの生き方を好む私には説得力もあり購入致しました。
    そして本が届く前にレビューで知ったYouTubeへの上川先生の投稿をiPhoneに取り込んで、試しに「r」と「l」等を実践してみましたところ、すでにその時点で・・・それまで数々の発音教則本を実践しても得られなかった「根本的、本質的なもの」に初めて触れたと感じました。感動を伴って。
    昨日から届いた本でじっくりメニューをこなし始めております。
    それでも現時点で、今まで苦労していたいくつかの発音の内「r」「l」「th」「v」などは自分で驚くほど納得のいく発音に変わっております。などと書くと英語喉実践者の方以外には冷笑されそうですが、経験した者にしか分からない感動と実感なので、正直に文字に致しました。録音して客観的に聴いても自分とは思えないネイティブっぽい発音になっており、ネイティブ発音の謎が氷解していくようで、これは本当に驚きです。
    さらにはリスニングにおいても、それまでにはほとんど「聴こえ」てなかった喉の豊かな響きが俄然「聞こえ」始めているのです。そして、意味はともかくどういう言葉を発しているかが、ありありと分かり始めました。

    このメソッドは真実、革命であり、英語学習者の根本とすべき方法であると心から感じました。
    過去に照らせば人類史上の偉大なる発明や発見に対しては、初期は須らく激しい非難批判中傷の波がつきものでした。そして決して大袈裟ではなくこのメソッドへの強い非難は「本物の証」以外のなにものでもないと確信しております。
    自分自身、このメソッドを実践する方々、そしてこのメソッドそのもののこれからの展開が楽しみで仕方ありません。

    この感動と両先生への感謝の思いをAmazonのレビューにも書かせて頂きました。
    http://www.amazon.co.jp/review/R246JBE0398K58/ref=cm_srch_res_rtr_alt_2

    どうか今後とも、よろしくお願い致します。

  33. 上川一秋 says:

    マサさん

    お待ちしておりました。喉ファミリーにようこそ。

    私も今後の展開が楽しみです。具体的には数年以内に、日本人歌手がグローバル市場で成功している様子を見たいです。また国際政治の世界でも存在感を感じたい。日本人と韓国人そして中国人が、腹を割って英語で議論をしている様子を見たい(社交辞令でなく)。そして、ビジネスでもがんがん英語で新しいマーケットを開拓している姿をみたい。それから、かっこいい日本人の姿を見たい。

    かず

  34. Masa says:

    かず先生

    ウェルカムメッセージ有難うございます~。

    4日前の「喉開き」後、まずその瞬間からそれまでと全く違う英語世界に入った感がありましたが、なんとその感覚は日増しに強くなってくるのですね!
    昨日も電車に乗ってイヤホン付けて英語喉CD聴きながら学習してますと、イヤホン越しにも関わらず突然「ぐぇぐぇ げぼ ぶぇぐぁ」とヒキガエルのような音が聞こえてきて、顔を上げると白人ファミリー4人&通訳役と思われる日本人女性が乗ってきたのでした。
    これはいい機会と耳を澄ませば聞こえること聞こえること!
    今まではそういう場面でも何言ってるかまったく聴きとれなかったのに、自然に、言葉として聞こえてくるんです。
    ただし、残念ながら通訳役女性は薄っぺらい英語発音でした。口発音なのですね。

    ともあれ毎日エキサイティングです。Podcastの海外ニュース番組も、驚くほど聴きとれます・・・。
    まぁまだ5日目なので、もう少し学習が進んだら英会話カフェなどで実際にネイティブの人達と触れ合ってみようと思います。

  35. 初TOEICのスコアが出ました。
    830点でした!
    リスニングが440点、リーディングが390点です。
    リスニングがこれだけ良かったのも、間違いなく英語喉の効果です!
    上川先生、ありがとうございました!

  36. 上川一秋 says:

    おめでとうございます!!!!!!!

    830点ってのは、かなりいいですよね。よかったですね。

    GREAT JOB!

  37. 上川さん says:

    今 日本は揺れています。
    本当に何をどうしたらいいのか判らず ただ 悲しい
    ニュ―スを見続けたり、感動秘話を見てるだけの人。 自分の欲や欲求を満たす、それがどうして悪いのかも 判らない悲しい人達…もいます。

    私の住んでる地は 災害地から離れているせいか 公園では無邪気に人がわらっています。TVのニュースが作り物かのように…悲しい現実です。

    すごいですね。
    心のケアの仕事 頑張ってください。
    一人でも多くの人の心が 安らげるように… おねがいします。

  38. MANTA says:

    ジャン先生のブログから来ました。
    聾唖の少女の話。
    感動しました。

  39. 上川一秋 says:

    MANTAさん、コメントありがとうございます。他にも、色々あるので、少しづつ話したいと思います。

  40. shin says:

    KAZさん、お久しぶりです。
    長い間放置していたブログと喉ですが、再開しました。
    音読ブログになっていますが^^;よろしければご覧ください。

    http://shin-eigonodo.seesaa.net/

    (ここのコメント欄はまだ使われてるのでしょうか…?)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *