Monthly Archives: July 2010

狂気の世界を読むようである

BLOGのランキングで7位ぐらいになれているのは、皆さんの投票のおかげです。ありがとう。   さて、英語部門で1位のかたのBLOGを見たのだが、英語が使えるようになるまでの道のりを語っていらっしゃる。同時に、英語喉パラダイムで否定していることを、このかたは肯定されている。   例えば、英語で強く読む部分、機能語?とかいうのを強く読むのがが大切だと力説されている、、、   と思ったら、意味的に大切な部分も強く読むということも大切だということも力説されている。   この点で、論理が破綻していることになぜ気づけないのか???   発音の先生たちも、顔メソッドで、口を大きく開けたり、小さくしたり。しかし、実際のネイティブは、普通は大げさな顔で喋っていない。   なぜ、この点で論理が破綻していることに気づかないのだろう???   さて、この1位のかたのBLOGを読んでいると、狂気の世界を読むようである。もちろん、このかたが私のこのBLOGを読むならば、狂気の世界を読むようである。   英語喉が主流になるまでは、喉実践者としては、狂気の世界にどう対応するかが、面白い。   語学に王道があるか、ないかという説のどちらをとるかである。   もし英語喉をとるならば、え?、音節、シラブルを正しく読むだけで通じるの?となる。   それが許されるかどうかである。   しかし、世界を眺めると、教育レベルがある程度あれば、当たり前のように英語を喋っている。   それほど、英語は簡単なのである。   英語喉が正しいか、従来のアプローチが正しいかは、私の英語と、従来の先生の英語を比べてみれば、すぐわかることである。   英語が本当にできる人が、英語の強弱アクセント説を信じることは、不可能に思われる。だって、本当に英語ができたら、そんなこと考えているはずがないからである。   そういう意味で、本当に英語できるの?とつっこみを入れたくなってしまう。   ところで天満さんにしても、森鉄さんにしても、本物の英語を喋ってらっしゃる。ヒロ前田さんが、英単語をちょこっと発音されているところをMIXIで聞いたことがあるが、ちょこっとだけで、この人たちは本物だということが私には分かる。   そういう意味で、神崎さんたちをはじめとするTOEICの先生たちは本物のにおいがぷんぷんする。JOYさんとかも本物のにおいがぷんぷんである。   おそらくTOEICの世界か結果を求められる世界だから、本物の先生がいるのではないかと思う。 ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。

Posted in | 3 Comments

現在、天満さんとラジオ実験中–終了

http://www.ustream.tv/channel/copying USTREAMに移りました(さっきはねとらじでした)。 すぐ終わると思いますが、暇なかたは聞いてみてください。モニター御願いします。 現在放送中です。 ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。

Posted in | Leave a comment

従来のパラダイムにおいて、新しい言説形成の発展

Try TOEIC Part 5 Facebook has begun the rollout of a new feature, Facebook Questions, which will allow users to get answers to their ***** from the entire Facebook community. (A)  commencement (B)  solutions (C)  identities (D) queries   従来のパラダイムにおいて、新しい言説形成の発展が起こっているので、紹介したい。 喉派の若い衆が、「音声UPせんかい」とすごんでいたこともあるわけだが、スペイン語の先生が、ご自身のスペイン語発音を単語レベルで紹介されている。たこ焼き村先生である。 … Continue reading

Posted in TOEIC & TOEFL PREP, 教育実践・言説の脱構築 | 6 Comments

史上最強の英会話訓練メソッド KAZ式英会話OPTIMIZATIONメソッド

Try TOEIC Part 5   Floodwaters covering the Chicago area were receding Sunday, as damages ***** and communities began the clean-up process. (A) surfaced (B) conducted (C) disappeared (D) broken さて、史上最強(かどうかは知らん)の英会話訓練メソッドを紹介したい。最適化という言葉を使ったが、すでに自分が持っている語彙を駆使しながら、また自分が言いたいことを中心に、頭のなかにある英語の勘をじわ~じわ~と伸ばしていくメソッドである。 私はこれをスペイン語とフランス語に採用している。さて用意するもの。 1.ネイティブの友人。日本語に興味があり、日本語を教えてあげるかわりに英語を教えてくれるという感じの人。そういう人は、もちろん近くにいればベストだが、KAZYさんのように、ネットで語学を教えあうという感じのも良いと思う。 あ、それだけか。 さて、方法。通勤通学の時間を利用します。机についてまじめにしないこと。面倒で、あきてしまうので。 まず、頭のなかで、声が止まらないように、連続的に英語で何か言う。自分の自己紹介でもよいし、仕事のことでもよい。なんでもよい。日常的なことを言い出す。 大切なのは、声をとめず、ず~~~と喋り続けること。 そうすることで、和訳を強制的にやめる。 そうです。まず日本語で言うことを考えてから、それを訳すという悪習をやめるのです。 言うことが分からなかったら、しょうがないから、HOW CAN I SAY THIS?とか言って、間をつなぐ。 さて、もしバスや電車の場合だったら、あ、これ言いたかったのに言えなかったということをメモする。 そして、後で、その言えなかった単語や表現を調べて、覚えたり、理解しようとする。 … Continue reading

Posted in | Leave a comment