nagasakinoame

You need to log in or to post to this user's Wall.

  • グループは違いますが、Listerさんに触発されて、日本人歌手のオリジナル英語曲に挑戦してみました。山下達郎のYour Eyesです。山下氏はしばしばこの曲をコンサートのアンコールでアカペラで歌いますので、ちょうどいいやと思ってそれを意識して歌ってみました。

    ところで私事になりますが、私が3月1日付で大阪に転勤…[Read more]

    • 長崎の雨さんが歌うと、ネイティブが歌っている様に聞こえてしまうので、面白いですね。山下氏も、どちらも日本人なのに(笑)

      • Listerさん有難うございます少しでもそうだと嬉しいです コンサートの最後に水を打った様な静けさの中、達郎氏が一人歌うのを聴く時は何か荘厳な雰囲気を感じます。

        • 確かにいい曲ですもんね。これをライブのラストにアカペラで聴けるなんて最高ですね。

    • この度のご栄転、おめでとうございます。新天地、大阪での更なる飛躍をお祈り申し上げます。いろいろと勉強になることが多い長崎の雨さんのコメントが変わらず拝見できるのは嬉しい限りです。住む場所が変わっても情報の発信、受信が自由にできるなんてインターネットさまさまですね。さて、長崎の雨さんとは対照的な話をしますと、私も以前に勤めていた営業会社で支店長への昇進を条件に福岡支店への転勤を持ちかけられたことがあり、婚約中の彼女と離れる(次の年の新居での共同生活の約束を反故にする)ことなど考えられず話を断ったことがありました。正に仕事よりプライベートを優先させてしまったわけですが、いま振り返ると私の場合それが間違いでなかったと思っています。また少し違う例ですが、デートのある日に残業を断るなどというのは組織人…[Read more]

      • Yukiさん、そんな栄転とか、要職とか思ってもみません。謙遜でも何でもなく、そんなエリートサラリーマンでもありませんから。不安と期待が半々といったところでしょうか?私の職場では、かつて社員が異動を拒むケースが多く寧ろ現在の方が、自由な意思は通り難いと感じます。難しい問題です。小さな会社ですので、社員の好きなようにさせるだけでは行き詰まってしまいます。

        • いまの私の関心事は、国際社会における日本の(従来の)強さはどこから来るか、(今後)何を持ち味にすべきか、なんです。没個性的な模範言動、サービス残業、休日返上出勤、本音の出ない会議、飲みニュケーション、顧客絶対主義の接待、上下関係の機微、…日本的なビジネス様式の何が飛躍的な高度成長を生み出したのか、またなぜ我が国の経済発展はいま停滞しているのか、興味深いところです。また、私自身の考えとして、日本人の精神性はビジネスの成功論の観点で世界のどこにも負けないという確信がありまして、自分の中のどこで日本的良さを活かし、(逆に)英語を学ぶことにより海外の文化から新しきを学ぶことでどこで差別化できるか、それらのいいとこ取りの成功を得る方法を追求したいんです。NipponDreamというサイト名の主旨とも関…[Read more]

        • 新しい環境に行くのですから、不安も、大変な事もあると思います。
          でも、楽しい事も沢山待っているはずです。
          どこに居ても、人生を楽しむ事はできます。
          長崎の雨さんが、『その場所にある幸せ』と出会えることを、影ながら願っています。

    • 長崎雨さんの歌のUpがしばらく休憩になるってのは寂しいですね。是非2、3日で復帰してください。^^

      長崎雨さんが前回言っておられた、高い音は出せるが英語の響きを壊しているようでためらわれる、というのは私も最も痛感している点で、今一番力を入れて取り組んでいる課題でもあります。ぜひ一緒に取り組みましょう。

    • Yukiさん、
      勿論一言では語りつくせませんが、私の非常に限られた体験で実感している事から言うと、何はともあれ製品やサービスが先ず競争力がある事が第一だと思います。その上で、というかその為にも、できるだけ異分子を受け入れる事。中途入社の社員、外国人社員などは、組織を活性化して、変革を起こす呼び水になります。勿論日本は欧米の真似でなく、第三の道を探すべきだと思いますし、そうならざるを得ないと感じています。また、これを公的債務が1000兆円以上もあって、高齢化が急速に進む日本だからこそやらないといけない。しばしば、このコミュでも話題になる教育も問題ですね。
      でも取敢えず、目の前の課題をどうするかで、私は手一杯です(笑)
      Listerさん、
      暖かい言葉を頂いて有難うございます!
      Natcoleさん…[Read more]

      • 私もPCやスマホが大の苦手なんですが、いつものAudioboomなら、スマホで(iPhone なら)applestoreなどからインストールした上で、画面上の赤丸の録音ボタンを押してそのまま録音→アップすることができるはずです。「ネットを捨てて町に出よう」もいいですね。大阪なら外国人もいっぱいいて活気もありますよね。日本に来ているアメリカ人が「東京より大阪の方がアメリカに近い」なんて言うのをよく耳にする気がします。たしかに大阪のほうが知らない人と気軽に話せる雰囲気ですね。私も20代のときは街での英語体験が結構あったのですが(お金なんて払わなくてもいっぱい楽しいことがあったのに…)、中年を迎えた今、どう街と関わっていくか探しあぐねています。

        • Yukiさん、有難うございました。でも残念ながら、Androidなんですよ・・・。ま、そのうち解るでしょう。

  • https://www.youtube.com/watch?v=c3tLx-PsDo0
    Your Eyesの原曲はこれです。あまりいい音のものがYouTubeにないです。でもこれで歌の雰囲気は解って頂けると思います。元々は奥さんの竹内まりあさんに書いた曲だと聞いた様な気がします。最近竹内さんも自身の最新アルバムで、これをカバーというか歌ってます。曲は山下氏ですが、歌詞は長年のパートナーである、アメリカ人のAlan O’Dayのペンによるものです。

    • やはり山下達郎のバラードはいいですね。英語うんぬんでは無く、曲と歌唱の良さで満足してしまいます。奥さんの為に書いたって・・・本当にあの夫婦は微笑ましいんだから(笑)

  • つい数日前に中国から帰国しました。同行した同僚は、大連に留学経験や、中国で日本語教師としても数年の経験がある人なのですが、カズさんが言っている事を裏付ける様な、興味深い話を聞きました。中国に留学している中国語を学ぶ欧米人は、中国語学校で初級のクラスにいる人が多いそうですが、実は聴き取りや、話す力、つまり音声面は日本人と比べると遥かに高いのだそうです。初級の人でも会話のコミュニケーションは成立する程度の人がかなりいるとか。初級に留まっているのは、読み書きができないからなんだそうです。(お解りの様に、日本人は当然の事ながら読むのはかなり有利です)
    矢張り、音声面で欧米人は日本人と比べるとかなり有利の様だという話でした。

  • それでは私の今月分はこれでお願いします。あらためてブライアン・ウィルソンの歌に聴き惚れました。

    • いつものように素晴らしいパフォーマンスですね。

    • ソフトな感じに歌えていて、十分個性が出せていると思います。歌としてはいい歌なのですが、ただ、3拍子と4拍子が混在してしまっているので、その点が音楽的には残念です。ブルウー ウー ウー ウー クリスマスのように4拍伸ばして次に行く、というように心がけてみてください。ビーチボーイズの歌に合わせて歌ってみると、この意味がより分かりやすいと思います。^^

  • 私にとってクリスマスソングといえば、このBlue Christmasです。元はElvis の曲らしいですが、私はこのブライアン・ウィルソンのヴァージョンで知りましたし、今でもこれが好きです。少しジャズっぽいところも、今の芸風(?)にあってるかと。12月はこれを採りあげたいと思います。

    • 私は逆にElvisバージョンで親しんできてまして、ビーチボーイズのものは初めて聴きました。キーが高いんですね。楽しみです。

  • この頃、歌の話ばかりしているので、ちょっとだけ別の話を。私の会社の同僚に日本人の奥様と結婚していてるオランダ人がいるのですが、オランダ人はただでさえ英語の上手な人が多いお国柄な上に、高校、大学と英語で行われる授業がかなりあったそうで、英語はネイティブ並みです。我社は楽天やユニクロとは違い、社内はあくまで日本語オンリーでして、彼も日本語でメール等社内文書は書くのですが、時々カタカナ英語を使います。先週金曜日、彼からのメールのコピーを見ますと、「この件はアールライトと思いましたが・・・・云々」とあり、本人に「All Rightは、日本人は例外なくオール・ライトと書くんだけど・・・・・」と申しますと、それは知っていたが、ついつい頭の中の英語発音で書いてしまったんですとの返事。英語喉に書いてある日本…[Read more]

    • 1 person likes this.
    • 面白いです。(アメリカ式)英語のAll rightがオーライよりアーライに近い証拠としては、アフリカ系アメリカンがよく使うAi(アーィ)という表現があります。ただ、疑問に思ったのですが、ヨーロッパの英語の話者はだいだいイギリス敷発音ですよね。そうすると「オ」に近い音になりそうな気がするんですが。どこかでO’rightという書き方も見たことがあります。

  • 私の分はこれでお願いします。本当は先生にでもついてじっくり練習したいと思える様な曲ですし、録音ももう少しましにできないかと思いますが、致し方ありませんね。ジャズを歌うのは難しいですが、やりがいはあります。しばらくは、ジャズっぽい路線(必ずしも正統ジャズでなくても)で続けてみようかなと思ってます。

    • 素敵な歌声です。そして、何回歌っても飽きないという感想に深く同意しました。
      ところでこの曲を録音するにあたって発音面で苦労している部分等ありますでしょうか?nagasaknoameさんがどういうところに気をつかって取り組んでいるのかいち英語学習者として興味があります。差し支えなければよろしくお願いします。

      • この歌では以外に思われるかもしれませんがriverの発音ですね。中学校の低学年で出てくる単語ですがrivとverのシラブルの組合せをちゃんと発音するのは日本人には結構難しいと感じます。あとはどの曲も同じで、口発音にならないように。

    • 長崎雨さんは声そのものが非常にいいですから、「色白は百難(日本では七難らしい)隠す」みたいに歌全体を良いムードが覆っていますね。声がいいのと、何となく表現に艶がある、というか表現力がありますから、銀座のクラブでは最ももてるタイプかもしれません。
      録音はスマホでも最近はかなり良く録れますから、あと15cmほど離してオーバーロードを避ければそれだけでかなりな改善が期待できます。

      • NatColeさん、大変厳しい評価有難うございます(笑)。実はこのコミュ関係以外で、声がいいとか言われた事は皆無とは申しませんが、それ程多くはありません。ですから、一寸、自分では不思議な感じなんです。勿論銀座はおろか(銀座行ってみたいですが・・・・)、長崎のクラブでももてたためしはありません(笑)。実際歌が下手糞なのは自分でも自覚がありまして、若い頃はバンドでリードヴォーカルをやってくれとたのまれた事は、両手指で数えるだけでは足りない程ありますが、その度に丁重にお断りしてきました。
        プロの耳で聴いて、「百難」が具体的にどういうところなのか是非御教示頂いたら、参考にしたいと思います。このグループもお互いを誉め合う段階から、そろそろ次の段階へ進まないといけないのかも知れませんので・・・。まあ50…[Read more]

        • 長崎雨さんの声が良い、というのはまず確実な事実と言って良いでしょう。これは誰もが賛同することだと思いますが、長崎雨さんの声は低くてもツヤがあります。これは現象としては上位倍音がよく出ているせいで、歌においても楽器においても良い音の必須条件なのです。一般的にはボイトレをやることでその技術を身に付けるのですが、中には生まれながらにある程度その上位倍音がよく出るタイプの人がいます。長崎雨さんはそういうタイプの方のように聴こえます。
          さらには、長崎雨さんは音痴ではありません。というより、無伴奏でここまで音程を保てるのは、相当に音感がいい証拠です。が、強いて言えばリズム感がやや弱いかもしれません。しかしこの点においても、前作と比べると今回のCry me a riverではよく拍を待っていられていますの…[Read more]

          • NatCOLEさん、質問なのですが、いわゆる外人の声というのを同じ観点からみると、全員、声が良いということになりますか??アメリカのアニメーション映画を観ていると、普通の俳優が声優をしています。

            • 私の経験で話しますと、いままでに「ああこの人はいい声してるなあ」、と思った人は日本人で2人、アメリカ人で2人です。ただし私の生活ではアメリカ人と会話する回数はおそらく日本人と比べて100分の1くらいの割合でしょうから、私にとってはアメリカ人のほうがいい声の人が多い、ということになります。しかしおそらく今までに100人以上の英語ネイティブと話していると思いますので、その意味で生まれながらにいい声の人は割合的には少ないと思います。

              この人は明らかにいい声ですよね。響きが低くて、しかも輪郭がしっかりしています。しかしアメリカでこの人がここまで話題になり、NBAから呼ばれたりする事実からして、アメリカ人でもいい声…[Read more]

            • 上記のホームレスの人の声質もそうですが、可聴範囲での高周波数の高域倍音がよく鳴っています。Audacityでイコライザーをかけて、4Kh以上を思いっきり上げてみると声質がはっきりとします。しかしこれは人工的に作っているので、自然にそういう広域倍音が出ている状態とはやや違ってしまいます。
              本人が元から持っている音域が高くても低くても、高域倍音が良く響く声をいい声と定義した場合、生まれつきのその割合は恐らく世界中どこでもかなり低いんではないでしょうか。だから世界中でボイトレの方法があるのだと思います。

            • また、多くの人がしゃべるときと歌うときの声質が違うことが多いので、歌手にとってはしゃべるときにいい声である必要は無いのかもしれません。Brian Adamsがしゃべっているのを聴いて、いい声だと思う人は少ないんではないでしょうか。

          • NatCole さん、早速大変具体的なアドヴァイス有難うございました。お忙しいでしょうに、お手数掛けて申し訳ありません。是非教えて頂いた方法を試してみたいと思います。随分昔ですが、ダンスをやっている友達に、「リズム感が、ちと悪いな」と言われた事が確かにあります。

            • 実はここ10日間ほど船上で仕事をしていますので、1日のほとんどが自由時間ですけれど、どこへも行けませんから暇をもてあましています。が、ウェブにつながる時間がかなり少ないので、繋がったときに書き込みやってます。^^今はちなみに三陸沖です。

            • 船の上???

            • ええ、船の上というか、船の中ですね。^^太平洋フェリーという会社で毎月1回、名古屋から出て北海道へ行って名古屋へ帰る4泊5日の定期航路に乗り込んで、船内のラウンジで演奏する、という仕事をやっているんですが、今回は先月末と今月初がくっついてしまったので、合計で10日ほど乗っている感じで、かなり飽きてきましたね。今日やっと下船です。

            • ジャズクルーズ、素敵ですね。「海の上のピアニスト」(The Legend of1900)というとてもいい映画があって見た方いますでしょうか。Jelly Roll Mortonが出てくるシーンがあります。大昔のジャズが一番好きなものですから、ラグタイムの王様ジェリーロールが出てきて興奮しました。もちろん、本物ではなく役者です。「ギター弾きの恋」でもジャンゴラインハルトが出てきますね。このあたり、NatColeさんならご覧になっているかもしれませんね。

  • https://audioboom.com/boos/2632978-cry-me-a-river-take-1

    Cry me a riverを、長崎の雨流に、(と言えば聞こえがいいですが、要するに無手勝流に)試しに歌ってみました。なかなか思った様に渋く歌うのは難しいもんなんですね。(当たり前か)

    • 長崎雨さんの歌はなんともいえない味があっていいですね。

    • お恥ずかしい限りです。改めて聴いてみると出だしが調子っぱずれですし、もうちょっとどうにかならないかと思います。もう少し工夫して、ブルーノートのステージに立っているつもりで、せいぜい自己満足の世界にひたろうと思います(笑)

  • で11月の私の課題曲ですが、NatColeさんに感化されましたので、畏れ多くもジャズのスタンダードCry Me A Riverを選んでみました。カバーは色んな人がしてますが、ジャズだし、どの途私はアカペラでしか歌えませんので、思いっきり「長崎の雨流」に(できればカッコ良く)歌えたらと念願しております。

    • Cry Me A Riverも歌詞的にどちらかというと女性が歌う歌、というイメージが強いですが、私はこの歌詞に主人公の「女性であることの自信」のようなものを感じています。「結局私のところへ帰ってくるんだよ。」という自信でしょうか。そのしたたかな女心を男の立場から歌う、というのもありですよね。

    • Yuki replied 3 years ago

      ありがとうございます。この曲、ちゃんと聴いたの初めてでした。女性の歌をオクターブ下で歌って、男のパーソナリティで個性をつけるのもまたいいですよね。楽しみにしています。

    • あまりこれが女性の歌だというのは考えませんでしたが、そういえばそうですね。でもRay Charles や、Sinatraもカバーしてますから、参考にします。「結局私のところへあなたは帰ってくる」という女の自信が表れた曲との解釈は新鮮でした。この男と女のディープな世界を表現しなきゃいけないと思うと挫けそうです(笑)

  • 録音ソフトがどうもうまく動作せず、遅くなって申し訳ありません。今回私が選んだ課題曲は、男性の私がいい感じで歌うのが難しく感じました。中学生の頃から聴いているKarla Bonoffの歌があまりにも耳に残っているせいかも知れません。そこで今回はあえて歌詞を読む様な感じで歌ってみました。皆さん素晴らしい伴奏をつけて歌ってらっしゃいますので、なんだかみっともないですが、ご笑納ください。ところで、どなたかスマホできれいに録音、アップロードできる方法(アプリなど)を御存知の方がいらっしゃったら教えて頂けませんか?iPhoneでなく、Andoroidです。

    • ありがとうございます~。

    • Karla Bonoffを聴く中学生ってどんな中学生ですか?^^彼女の美しい声に抱き取られるような思いで聴いていたのでしょうね。この曲のようにメジャーで美しいメロディーに悲しい歌詞をのせて、しかもそれを限りなく美しく歌い上げるのは英語の歌だけに聴かれる(他の言語は理解できないので、単に日本語の歌との比較の意味で)独特の情感ですね。But love grows old and waxes cold あたりの歌詞は胸に迫ります。私は長崎雨さんの歌にすっかりびしょ濡れになりました。

    • mop replied 3 years ago

      Androidで録音する時は、smart voice recorderというアプリを使ってます。(無料版は広告がでます)

    • Mopさん有難うございました初めてのスマホで悪戦苦闘してますが、ちょっと試してみます。

  • 私はいつもの通り、自分が若い頃から聴いている歌にこだわりたいと思います。The Water Is Wideです。この歌は御存知と思いますが、元はイギリスの民謡だそうです。沢山の人が歌っていますが、私の世代ではなんといってもこのKarla Bonoffのヴァージョンが一番有名だし、実際素晴らしい出来だと思います。彼女のこの歌が入っているRestless Nightというアルバムは、今日まで(恐らく死ぬまで)ずっと愛聴してきました。このアルバムの最後のトラックであるこの曲は中でも大好きな一曲です。

    • 1 person likes this.
    • このLP持ってます。そして20数年前に芝浦インクスティックというライブハウスへ見に行ったこともあります。たしか、アンコールがThe Water Is Wideだったと思います。ライブはもちろん違うギターリストでしたが、アルバムでギターを弾いているのはジェームステイラーです。レギュラーチューニングの6弦をEからDに下げたドロップDというチューニングが特徴的でこのギター演奏をコピーした人も多いと思います。実は私の今月の課題曲、The House That Built Me もドロップDで演奏されてます。
      あまりにも絶好球がきたのでついウンチクを熱く語ってしまいました。スミマセン(笑)

    • そうですか~。このアルバムを持ってらっしゃるそうで、嬉しいですね。ギターがジェームス・テーラーとのお話ですが、コーラスも彼じゃなかったでしょうか?7-8年前でしたか長崎にもコンサート(小さなホールでしたけど)で彼女が来た事があるんですが、残念ながら仕事で行けませんでした。今でも凄く後悔してます。MOPさんはどうやら私と同世代の様ですが、このアルバムは70年代のウェストコーストの音がしますよね。70年代は豊穣な60年代の後、音楽的につまらなくなったと言う人が多いんですが、個々の音楽は素晴らしいものも結構あるんじゃないかと素人ながらに、思います。
      私は専門的に音楽を語る事は全くできませんが、好きなものを徹底的に、飽きずに聴くタイプで、このアルバムも何百回聴いたか分りませんし、今でも折にふれ聴いて…[Read more]

  • 遅れて済みません。これでお願いします。慌ててちょっと練習しましたが、上手くできたかな?

    • 1 person likes this.
    • 私も大好きな曲です。日本だとCMの影響でTIMOTHY B. SCHMITバージョンも有名ですね。

    • Timothyのヴァージョンは私が大学生の時に出て、当時CMでも結構使われました。50歳を超えた私が言うのも恥ずかしいですが、これを聴くと、当時の事や、気持が正に「走馬灯のように」蘇るんです。自分がもっている感じですが、喉発音に長ずるにつれ、少し歌える音域が広がった様に思います。昔はこの曲は音程が高すぎて私には歌えなかった様な記憶があるんですが、今は(年齢は倍以上になってしまいましたが)上手くできるかどうかは別として、挑戦してみようかなという状態になりました。喉発音の効果には意外にそういう事もあるのかなと。喉をリラックスして声をだすからですかね???

  • https://audioboo.fm/boos/2424189-for-the-love-of-you-take-5

    今回はちょっと中途半端ですが、ここまでにしました。無論このようなロマンチックなR&Bを私が歌うのは、相当厚かましいんですが、この歌が好きな気持ちに負けてしまったのが、いけなかったかな・・・・と反省しております。(といいつつ、まためげずに似つかわしくない歌に挑戦するでしょうが)

  • お二人共比較的最近の曲を採り上げられましたので、私は自分のルーツにこだわってみました。アイズリー・ブラザーズのFor the Love of youです。勿論というか、さすがに原曲はリアルタイムでは聴いてませんで、私はホイットニー・ヒューストンのヴァージョンが好きで、若い頃良く聴いてました。本当に惜しい才能を無くしたと思います。その才能を顕彰する為に、彼女のヴァージョンもここにご紹介します。
    http://www.youtube.com/watch?v=IW9iEdr0rK0

  • Here’s my recording of this month’s song ‘Baby’s Request’. I think my voice is too low to sing this song, but I did my best!

  • @nagasakinoame 先日、英語喉授業を受けられたAさんが、長崎の雨さんがきっかけで、英語が聞けるようになった、、と告白している動画です。

  • Here is my recording of this month’s song (Raindrops keep falling on my head). Not that I am comfortable with my singing, but I really enjoyed singing this song since I like it very much. I wish I could have done it accompanied by Ukulele!

    • 1 person likes this.
    • Great job and this is hard to compete against!

    • nagasakinoameさんの歌は単語のひとつひとつがクリアに聞こえてきます。さすがです。私は出だしの ”whose feet” でつまづいてそのまま月末を迎えてしまいました。

    • mopさん、とても良い曲を提案して頂いて有難うございました。20代の頃(だったと思う)この曲を歌ってみた事があって、私も悪戦苦闘した憶えがあるんですが、そのせいか今回は発音するのに苦労する事はあまり無かったんです。50代に突入しましたが、この間少しは進歩していたという事かな・・・・?この企画に参加するようになってから、歌ってみたい曲が一杯出てきました。やっぱり自分は元々洋楽好きが高じて英語好きに転じたという原点を(善し悪しは兎も角)思い起こさせられてます。来月は私の推薦曲ですが、いっちょう頑張ってみますか!

  • さて、御依頼を受けておりました、私の次回の推薦曲ですが、いろいろ迷った末にこれはどうかと思います。Paul Mccartney & WingsのMy Baby’s Request です。Paulの曲としては決して一般に知られている曲とは言えませんが、とても良い曲で私は大好きです。数年前にリリースされた、PaulのJazzのカバーアルバムKisses on the bottomの英国盤でも、これを取り上げて歌っています。
    是非取り上げて頂けないでしょうか?

  • Load More