Category Archives: Uncategorized

台湾のかたと日本語で話

認知症デイケアセンターでボランティアが3週間目に突入。今日は台湾のかたと日本語で話をした。 台湾で学校に行ったときは日本の先生がとっても優しかったということ。3年生のときに、戦争が終わって中国人が台湾に来て、日本語を話したらハッピーじゃなかった、、ということでした。 よくネトウヨの人が、台湾人が日本人を大好きであることを宣伝していますけど、あれは宣伝じゃないですね。この方も、実際、本当に、まじで、本当に日本のことが好きなのだということが、分かります。   寿司ではサケが好きですと言ったら、ちょっとカン違いされてしまって、私のお父さんもいっつも酒を飲んでいましたとおっしゃいました。   本当に日本が好きだということ、言葉の節々に感じます。   もうお歳をめされて80歳ぐらいだと思うし(終戦時が小学校の2,3年だったいうことはおいくつですかね?)、認知症を持たれているわけですけど、御自分のお父さんが日本人の友だちがたくさ~~~んいたということなど、聞きました。 全然、誘導尋問してません。   こんなに日本を愛おしくおもってくれる台湾との交流は大切にしたいものですね。   よく考えると大学1年生の時に、台湾の友人がたくさんいて、最初に友だちになった郭さんとはFBでつながれました。その時は、台湾の人が日本を大好きだとか考えたこともありませんでした。   ネットができて、ちょこちょこそういう話を聞きましたが、ネトウヨ系の作り話だと思っていました。   台湾でなにやらナッツなのか、豆なのか知りませんが、硬い皮をとって食べるものがあると聞いていたので、そのことを聞いてみたらみたら、ピーナッツよりもおいしいということなので、早いうちにゲットして食べてみます。 ご存じの方がおられましたら教えてください。 それにしても話される日本語の語彙のレベルが高いのですが、もしかして台湾の言葉でも同じ言葉で、それを頼りに日本語で応用されているということはありえるかな、、、。 日本勧業銀行で3年間(とおっっしゃったと思う)、勤めておられたそうです。台湾支店だと思いますが。 ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。

エド・シーランのコンサートに行った

エド・シーランという若手のartistのコンサートに行ってきました。ラジオでがんがんかかっている人ですので、ベニューのVERIZONセンターが満杯でした。 こちら、ちょこっとですが、その時の動画です。 本人はバンドなしで一人で演奏。ループ的になんらかのデジタル機器をつかって、最初はギターをたたいて、ドラム音を入力し、その後、それをループ的に再生しながら、今度はギター、そして、コーラス、、というように、一人でやって、一人で歌うんです。 びっくりしました。 また、その日たまたま来ていたジーンズとTシャツじゃないかといういでたちで、登場したときも、なにか係員の人が出てきたのかなと勘違いしてしまうほど、普通の兄ちゃん。 子どもの下手な塗り絵のようなようなかっこ悪い入れ墨も印象的。 バンドがいないわけですから、そのあたりの人がふらりと出てきたのかなという感じの登場。 有名な歌としてはPHOTOGRAPHというのがあります。 有名な歌手ですから9時、いや10時ぐらいに登場するかと思って、ラーメン屋でラーメンを食べたりしていて、ま、8時ごろに行ってみるかと思って会場の席についたら、その10分後ぐらいに始まってびっくり。9時ぐらいに登場するのが普通だと思います。 コンサートが始まる前に大鍋屋(だいかや)というラーメン屋に行ったら、トッピング類が安いなあと思って適当に頼んでいたのですが、チップで100ドル(1万円ぐらい?)超えました(3人)。 お勘定をよく見るとラーメン一杯が20ドル(2千円ぐらい)だった。 日本だと千円以下というイメージがあります。 でも、アメリカの日本っぽいラーメン屋って狭いことが多くて、一人からそのくらいとらないと経営が無理じゃないかと思います。 日本だと、ラーメン屋に長居する人は少ないですが、米国の場合、他のレストランと同じ扱いですから、家族や、グループ、カップルで来る人がほとんどです。ですから、ある程度は長居をすることになります。 ラーメンを千円以下では無理でしょう。 以下の動画は最近はやりのやつですが、後半でお相撲さんがでてきます。日本文化すごい。どこにでも登場する。   ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。

カリッとして美味しい餃子の焼き方

日下氏(英語喉メソッドを学校の授業で使っている先生)に教わっていたのにもかかわらず、餃子の焼き方を教えてもらっていたのと逆にやってしまっていて、心を入れ替えて、正しい順番でフライしたら、カリッとした美味しいのができた。 大火で、まず油を引き、凍ったままの餃子を投入。それからまずは水をいれて、水がなくなった後で、何とか油でいる。焼くのは片面だけ。 超高熱だし、片面だけだし、冷凍のままでいいので、超高速で調理が終わった。 田舎出身なので、外食はあまりしておらず、家では餃子は食べていなかったという記憶なので、日下さんに、「あの天下の王将みたいなカリッとした感じにしたい」と変な質問をして解決した。 餃子自体は、ポーク、ターキーのミンチと適当な野菜をまぜた。嫁には、もう買わないでくれ、くさくなるからと頼まれたのだけど、ニラを少しいれました。 ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。