台湾のかたと日本語で話

認知症デイケアセンターでボランティアが3週間目に突入。今日は台湾のかたと日本語で話をした。
台湾で学校に行ったときは日本の先生がとっても優しかったということ。3年生のときに、戦争が終わって中国人が台湾に来て、日本語を話したらハッピーじゃなかった、、ということでした。
よくネトウヨの人が、台湾人が日本人を大好きであることを宣伝していますけど、あれは宣伝じゃないですね。この方も、実際、本当に、まじで、本当に日本のことが好きなのだということが、分かります。
 
寿司ではサケが好きですと言ったら、ちょっとカン違いされてしまって、私のお父さんもいっつも酒を飲んでいましたとおっしゃいました。
 
本当に日本が好きだということ、言葉の節々に感じます。
 
もうお歳をめされて80歳ぐらいだと思うし(終戦時が小学校の2,3年だったいうことはおいくつですかね?)、認知症を持たれているわけですけど、御自分のお父さんが日本人の友だちがたくさ~~~んいたということなど、聞きました。
全然、誘導尋問してません。
 
こんなに日本を愛おしくおもってくれる台湾との交流は大切にしたいものですね。
 
よく考えると大学1年生の時に、台湾の友人がたくさんいて、最初に友だちになった郭さんとはFBでつながれました。その時は、台湾の人が日本を大好きだとか考えたこともありませんでした。
 
ネットができて、ちょこちょこそういう話を聞きましたが、ネトウヨ系の作り話だと思っていました。
 
台湾でなにやらナッツなのか、豆なのか知りませんが、硬い皮をとって食べるものがあると聞いていたので、そのことを聞いてみたらみたら、ピーナッツよりもおいしいということなので、早いうちにゲットして食べてみます。
ご存じの方がおられましたら教えてください。
それにしても話される日本語の語彙のレベルが高いのですが、もしかして台湾の言葉でも同じ言葉で、それを頼りに日本語で応用されているということはありえるかな、、、。
日本勧業銀行で3年間(とおっっしゃったと思う)、勤めておられたそうです。台湾支店だと思いますが。

ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。
人気ブログ投票にぽちっとお願いします。

Published in Uncategorized

3 thoughts on “台湾のかたと日本語で話

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*