日本人のノーベル賞受賞者リストと出身地 

日本人のノーベル賞受賞がありましたね。福岡県出身の大隅氏です。さて、いつものように出身地を調査してみました。

参考にしたのは

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E8%B3%9E%E5%8F%97%E8%B3%9E%E8%80%85

どちらかというと西よりのように思います。

厳密に近畿地方からを西日本とすると(台湾や満州も西として計算)、
16人(西) VS 9(東)
です。

名古屋を西日本とすると、
19 VS 6
になります、、が、ただ、そうしてしまうと、西日本がえらく大きくなります。

名古屋が西なら富山も西とせざえるとえませんから、

20 VS 5
となります(が、それだと西日本が広くなりすぎてしまいますね)。

人口の3割が住む関東地方ですが、ピュア関東地方出身(関東生まれ、関東育ち)は梶田さんだけでした。山梨の大村さんですが、山梨は東京の隣ですので、関東付近だと二人です。

田舎者も多いような印象です(これは厳密にチェックしていません)。

理論ですが、西日本人は方言的に発声が緩い==>英語がマスターしやすい==>英語ができるから海外の研究者と交流しやすい==>ノーベル賞コミッティーに気づかれやすい。

<移動する学者は引用されるカズが覆い

http://www.nature.com/news/scientists-have-most-impact-when-they-re-free-to-move-1.22730>

田舎者が多いように思います。科学というと都会っぽい、エリートっぽい感じですので意外ですね。

村上春樹氏もノーベル賞候補として挙がっているそうですが、そうなると兵庫県にさらに1票となります。

<2017年10月にKAZUO ISHIGURO氏のNobel文学賞受賞が決定しました。氏はイギリス国籍ですが、出身はずばり西日本の長崎県です。>

湯川秀樹 京都府京都市
朝永振一郎 東京・京都 (父は長崎出身)
江崎玲於奈 大阪府中河内郡高井田村
小柴昌俊 愛知県/東京
小林誠 愛知県名古屋市
益川敏英 愛知県名古屋市
赤崎勇 鹿児島県川辺郡知覧村
天野浩 静岡県浜松市
梶田隆章 埼玉県東松山市
福井謙一 京都府京都市
白川英樹 東京・台湾・岐阜県高山・満州
野依良治 兵庫県
田中耕一 富山県富山市
下村脩 京都・長崎
根岸英一 満州・朝鮮
鈴木章 北海道
利根川進 愛知県名古屋市・富山・愛媛(利根川家先祖は広島)
山中伸弥 大阪府枚岡市・奈良県奈良市
大村智 山梨県北巨摩郡神山村
川端康成 大阪府大阪市
大江健三郎 愛媛県喜多郡内子町
佐藤栄作 山口県熊毛郡田布施町
南部陽一郎 東京・福井
中村修二 愛媛県西宇和郡
大隅良典 福岡県福岡市

西日本人はなぜ語学が上手かの理論はこちらをクリック。

英語喉仮説 西日本人が英語が得意説のまとめ

ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。
人気ブログ投票にぽちっとお願いします。

Published in Uncategorized

One thought on “日本人のノーベル賞受賞者リストと出身地 

  1. Pingback: 朝鮮人「日本人がノーベル賞とれるのは、韓国と違い独創的なアイデアと職人精神を尊重するから」

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*