なんでも入り口が大切 SQLを使おうとして学んだこと

この2年ぐらいSQLデータベースが使えるようになりたかったのだが、どうしても、サクサクと学べなかった。

たまたまプロジェクトでデータがRELATIONAL TABLEとしてくる。が、データマネージメントや分析はSASを使っている。せっかく、RELATIONALで来るのだから、SQLのままで使えたら楽だなと思っていた。

が、使い方を勉強しようとしても、最初のデータ入力で躓いてしまう。

本を読んでCREATE TABLEがどうのこうのと書いても、必ずエラーになり、前に進まない。

この状態が2年ほどつづいた。

ところが先週、ふとしたことで、それまでサーバーにおいてあって、アクセスの仕方も分からなかったデータのバックUPファイルを、ふと、マイクロソフトのSQL Server management Studioで開けてみると、開いたのだ。

開いただけで驚いた。

これまでは、何か、技術者に頼らなければアクセスの仕方が分からないサーバーにおいてあって、それにパスワードや、SERVER名をいれたりしないと操作できないと思っていたのに、

実際、自分のラップトップ上で、すんなりと、開いた。

で、適当に、これまでうろ覚えだったSQLのシンタックスを使ってみると、サクサクと結果が出る。

そして、数時間、使っていたら、本当に仕事に使えるような結果が出せた。

この2年は何だったんだ????

違いはこれ。

過去には、SQLで既存のデータをSQLデータに変換しようとして、エラーメッセージが続出。

理由はおそらくSQLはすでにあるデータをテーブル化するのが目的というより、いかにデータをこれから集めるかというのが目的。だから、自分の持っている得体の知れないデータをSQLに入れるのに無理があった。

自分の普段使うデータはテーブルに100個ぐらい変数があったりするので、その100の属性を正確に理解し、SQLに指示するのは至難の業。

RELATIONAL DATABASEはそういうことが目的ではないのだと思う。

今回はすでにデータがSQLで見れる状態から始めた。すると、すでに持っているプログラマーとしての勘を使って、ある程度、NAVIGATEできる。

さらに、自分のラップトップ上で動いている。

なぜ、これまで得体の知れないサーバーに接続しなければいけなかったのかが分からない。

英語学習でも同じで、入り口を間違うと上達しにくい。

まずは音から入る、、と、上達が早い。そういう意味で、英語喉で聞けて、発音できる状態から出発すると良い。

長く英語をやっていて、いまだに、聞き取りの練習をしている人は、確実に入り方を間違っているので、ぜひ英語喉で軌道修正してほしい。

英語というのは、そんなに長い間、勉強するものではない。

プログラマーはプログラミングの「練習」を普通はしていないのと同じ。

ただし、剣道とかは違う。基本を何年も繰返していく。

マラソン、水泳なども、違う意味で長年の繰り返しがいるのだろう。メンテナンスと言う意味で。

ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。
人気ブログ投票にぽちっとお願いします。

Published in Uncategorized

4 thoughts on “なんでも入り口が大切 SQLを使おうとして学んだこと

  1. Nao

    SQLを自分も勉強中です。 eigonodoさんの記事参考になりました。自分も勉強してますが苦戦中です。。 最近は、オンラインでの学習ページを見つけたのでこちらで勉強してます。。 http://studybyyourself.com/jp-learn-sql/
    練習ページは準備中のようですが。。 学び方も大切ですよね。。自分も頑張ります!

  2. Profile photo of KAZ (英語喉著者・当サイト編集人)KAZ (英語喉著者・当サイト編集人) Post author

    自分はSQLを使うのは、全体をみたり、細かい数値をチェックしたり、、つまりQUALITY CONTROLのためで、まだまだ、本格的に使っているとはいえませんが、それでも、さくさく動いてくれるので、仕事にやる気がでてきます。

    ぜひSQLマスターしてくださいね~(後で、教えてくださいw)。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*